健常者と障がいを持つ人々が力を合わせて築く社会を作ろう

障がい者と健常者が自分らしく共存していく

障がい者と健常者が自分らしく共存していく画像提供元:https://pixabay.com/ja/

私たちが目指す社会は

障がいを持つ人々も健常者も互いの違いを超えて支え合い

誰もが自分らしく生きられる環境が根付く場所であることです

 

まずは

健常者って何でしょう

心身ともに健康な人と心的障害に気が付いていない人もいます

 

だから

障がいの有無にかかわらず全ての個人が持つ独自の才能や可能性が認められ

十全に発揮される機会が提供される必要があります

 

それぞれが持つ個性は社会全体の彩りとなり

お互いの理解と尊重を基本に

文化的価値や新たな視点が育まれる土壌となるのです。

 

 

交流の場を作り上げてお互いの間違った先入観を修正していく

交流の場を作り上げてお互いの間違った先入観を修正していく画像提供元:https://pixabay.com/ja/

適切な教育の推進と仕事の場の提供や地域における積極的な交流の促進は

障がい者が社会参加する際における壁を取り除き

共生社会を形作る骨組みとなっていきます

 

これらの取り組みを進めることで

障がいの理解が深まり

誤解や先入観に基づいた差別がなくなることを目指すして行くことです。

 

 

環境や情報の整備にも力を注いでもらいたい

環境や情報の整備にも力を注いでもらいたい画像提供元:https://pixabay.com/ja/

さらなる発展には

あらゆる人が問題なく移動できる環境を整えるために

公共交通の充実や道路設備の改善も必要なことです

 

一方で

情報の提供にも工夫が求められる時代であり

ネット上の情報についても

視覚や聴覚に障がいのある個人が利用しやすい形での提供を心がけるべきでしょう

 

企業には

障がいのある従業員の能力を活かせるような配慮が求められます

 

具体的には

職場内において障がい者の立場を理解するための研修の実施や

作業環境を工夫することで個々が抱える困難を軽減し

生産性を高めることができる努力をしていくことも必要です。

 

こうした環境が整うことで

障がい者は自らの力で自立し

充実した生活を送る基盤が築かれていくことにつながっていきます

 

どんな人たちもが共存していける社会を目指す

どんな人たちもが共存していける社会を目指す画像提供元:https://pixabay.com/ja/

最終的に

個々人の能力と個性が尊重されることで

様々な背景を持つ全ての人が

平等にチャンスを得ることができる社会が出来ていくのではないでしょうか

 

お互いに知識を共有し

相互に支援しながら生活することで生まれる連携は

社会全体の革新を促し

持続可能なコミュニティを構築するための確かな一歩となるでしょう。

 

 

この共生の精神が根付き豊かな共存が可能となることで

新たな社会モデルが確立され

障がい者も健常者もが個々の価値観を肯定し合う

ごく普通な社会を実現することに繋がっていくことでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました