完璧主義である必要はない!自身が納得できる道を歩いていこう

ときに完璧を求めることに必死になってしまいがちです

ときに完璧を求めることに必死になってしまいがちです画像提供元:https://pixabay.com/ja/

私達はしばしば完璧を求めることに時間を費やしてしまい

それが自身の中でこだわりとなってしまうことがあります

 

しかし

真の充実感はむしろ不完全性を受け入れ

その中で幸福感を見いだすことによって手に入れられるのです。

 

完璧を目指す人は

一つ一つの積み重ねの喜びを忘れてしまいます。

 

この自己受容の旅は個々の欠点を適切に把握し

それを自身の実情に合わせて取り扱っていくことでスタートします。

 

 

完璧を目標にしてしまうから小さな失敗を引きずってしまう

完璧を目標にしてしまうから小さな失敗を引きずってしまう画像提供元:https://pixabay.com/ja/

完璧を目指す人々は自らを完璧主義者と考え

些細な失敗でさえ心の中で拡大させてしまうことがよくあります

 

これは環境に対して必要以上のストレスを感じさせ

仕事や私生活において余計なプレッシャーを生じさせてしまいます。

 

逆に

心の充実を求める場合自己に対する期待値を適正に設定し

実現し得る目標を組み立てることが大切です。

 

 

目標を達成可能なところにしていくことで喜びも多くなる

目標を達成可能なところにしていくことで喜びも多くなる画像提供元:https://pixabay.com/ja/

成功の定義を実際に達成可能なレベルに調整し

目指す道のりにおけるささやかな成功でさえも

積極的に喜びとしてとらえていく心掛けが大切です

 

例えば

あるプロジェクトの締め切りを守るためには

報告書を完璧に仕上げることにこだわりを持つより

期限を守りつつ質の高い報告書を完成させることに

意識を集中させるべきです。

 

こうすることで

ストレスの軽減がみられ任務に臨む際の意欲を保ちやすくなります。

 

 

他人と比べることからの脱却こそ成功への近道です

他人と比べることからの脱却こそ成功への近道です画像提供元:https://pixabay.com/ja/

他人の成果と自らを比べる習慣から抜け出すことは

内面からの充足感に繋がる大切なステップです

 

他者の達成に引け目を感じることなく

自らの歩みを進めることに注力し

その過程で得られる個人的な成果を噛みしめることが重要です。

 

己の成長を喜び

自らの努力によって得た成就に意味を見出すことが

心の満足を満たしてくれるでしょう。

 

 

完璧目標から自己実現へプロセスを変えていく

完璧目標から自己実現へプロセスを変えていく画像提供元:https://pixabay.com/ja/

完璧を目指すことから一歩引いて

完全ではない自己を好ましいものと捉えることにより

私たちの人生はより心地よく

また生産的なものへと変わっていくでしょう

 

自己の限界を認めながらも

その限界を改めて活かす道を見つけることが

深い満足感を得る上での真の鍵となるのです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました