よくわからない不安はなぜ起きるのか?その対処法を考えてみる

不安の正体を探って理解することが大切

不安の正体を探って理解することが大切画像提供元:https://pixabay.com/ja/

私たちが感じる不安は

将来の予測不可能な出来事や結果に対する心配の表れです

 

これは適応機能として身体的

心理的反応を引き起こし

未知への準備を促すために進化してきました。

 

このセクションでは

不安がどのように体と心に影響を与えるのか

またそれがなぜ起こるのかを探求します。

 

 

不安の基本的なメカニズムを知っておこう

不安の基本的なメカニズムを知っておこう画像提供元:https://pixabay.com/ja/

体験する不安には生物学的な基盤があります

 

ストレスに対する身体の反応として

脳内の扁桃体が活性化し

アドレナリンやコルチゾールといったストレスホルモンの分泌を促します。

 

これらのホルモンは心拍数の増加や体の緊張などの身体反応を起こし

心が警戒をしてしまう状態を作り出してしまいます

 

こうした生理的な反応は

本能的に危険から身を守るための準備として機能しますが

現代社会ではこれが過剰に働くことで様々な問題を引き起こすことがあります。

 

 

不安を生じる心理的な要因を考えてみる

不安を生じる心理的な要因を考えてみる画像提供元:https://pixabay.com/ja/

個人の心理状態や過去の経験

現在の環境が不安を生み出す要因になってしまいます

 

例えば

過去に強い不安を経験した人は

同様の状況を前にすると強い不安を感じることがあり

これをトラウマと言います。

 

また

目標達成への道のりは

自身の能力への確信と深く関わりを持っています。

 

この確信が揺らぎ自分では十分な力を持ち合わせていないと感じた瞬間

対処法が見えなくなり

その結果として生じるのが不安という感情です。

 

 

自分への自信がかなり少ない状態では

どれだけ努力しても成果を上げられないのではという思い込みが生まれ

そのような状態では自分の気持ちを持ち上げる有効な手段を見つけ出すことが難しくなります

 

さらに

事態を自らの手でコントロール出来ないという無力感から

達成したい目標が遠のいていくような錯覚に苦しむこともあります。

 

 

自分の能力を信じていくことが目標達成には必要なこと

自分の能力を信じていくことが目標達成には必要なこと画像提供元:https://pixabay.com/ja/

自分の能力を信じ

それを具体的な行動に変えていくことが

目標に向かって一歩ずつ進むためには不可欠だと言えるでしょう

 

自己肯定感を高める工夫や

問題を解決へと導くための策略を考えることで

不安を払拭して気持ちを奮い立たせることが重要になってきます。

 

目の前の課題をこなしながら

自己の心を育て不安を乗り越え目標への信念を固めることが

最終的に目標達成へと繋がるのです。

 

 

このほかにも

現在置かれているストレスの多い環境や人間関係のトラブルも

不安の引き金となることが多いです。

 

 

不安を増幅させる日常的な習慣ってなに

不安を増幅させる日常的な習慣ってなに画像提供元:https://pixabay.com/ja/

日常生活に根ざした習慣が不安を増幅することがあります

 

深夜までのスマートフォンの使用やコーヒーの過剰な摂取は

睡眠の質の低下を招きストレス耐性を下げるため不安が増大する原因となります

 

また

完璧主義的な自己要求も

常に高いレベルを求めるため

達成できないと感じる時に不安を感じやすくします。

 

日頃の小さな習慣が積み重なりが

不安を悪化させるケースは少なくありません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました