自宅のお風呂で究極のオフタイムを満喫してみる

温泉気分を楽しめるバスタイムの楽しみ方

温泉気分を楽しめるバスタイムの楽しみ方提供元:https://www.photo-ac.com/

あ~疲れた

お風呂にでも入ろうかなぁ・・・

 

家庭のお風呂もひと工夫して

究極の癒しの空間に変えてみませんか

 

浴室を暖かい光で照らしたり

心地よい音楽を流したりすることで

五感を刺激しバスタイムの気分を盛り上げることもできます。

 

他にも

お気に入りのバスタオルやバスローブに変えてみるだけでも

いつもより贅沢な気分になることもあります。

 

 

アロマやエッセンシャルオイルを使ってリラックス効果を創り出す

アロマやエッセンシャルオイルを使ってリラックス効果を創り出す提供元:https://www.photo-ac.com/

アロマやエッセンシャルオイルは

香りで心身を癒やしてくれます

 

ラベンダーやユーカリ

ローズなどの香りはリラクゼーションに適しています。

 

アロマランプやディフューザーを使ったり

数滴を浴槽に垂らすことで

癒しのバスタイムを演出することができます。

 

香りによっては

リフレッシュ効果やリラックス効果をもたらすものもあるため

心地よい香りを選びましょう。

 

ちなみに

浴槽に入れた時の油分が気になる方は

洗面器にお湯を張って

その中にアロマオイルを数的入れ

お風呂場に置いておくのも効果があります

 

 

バスボムや入浴剤で贅沢な湯船を演出してみる

バスボムや入浴剤で贅沢な湯船を演出してみる提供元:https://pixabay.com/ja/

温泉水の成分を使った入浴剤や

華やかな香りとカラフルな発色で楽しませてくれるバスボムを使用することで

湯船が一瞬にして夢のような空間に変わります

 

炭酸の泡立ちで血行を促進するタイプや

湯上り後の肌をしっとりと保湿してくれるタイプなど

様々な効果を選ぶ楽しみもあります。

 

特別な日や疲れた時に投入することで

究極の癒しの時間を創り出すことができます。

 

 

リラックス効果を高める入浴法を取り入れてみる

リラックス効果を高める入浴法を取り入れてみる提供元:https://pixabay.com/ja/

入浴法にもリラックス効果を高めるコツがあります

 

お湯の温度を38~40度程度に保ち

ゆったりと湯船に浸かることで

体の深部から温まりリラクゼーション効果が高まります。

 

また

半身浴を取り入れることで

心臓に負担を掛けずにじっくりと発汗を促し

デトックス効果も期待できます。

 

光を落としてキャンドルを灯すなど

視覚的な癒やしも取り入れてみましょう

 

火事ややけどには注意してくださいね・・・

 

静かな時間を確保して

日々の忙しさから解放された状態で浸かることが

より充実したバスタイムを創り出すことができます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました