季節の変わり目にはストレスがたまりやすいのは何故でしょうか

春や秋は季節の変わり目ですよね

春や秋は季節の変わり目ですよね

日本には四季があります。

その中でも

春や秋と言えば

季節が変わっていくときです。

暖かい日と寒い日が交互にやってきます。

特に秋は

急激に寒さを感じてしまい体が興奮した状態になってしまいま

 

 

季節の変わり目は気温の差が大きくなります

季節の変わり目は気温の差が大きくなります

季節の変わり目では

毎日の気温差もありますが

一日の中の気温差も大きくなってきます

 

寝るときにも

朝夕の気温差が大きくなってきます。

 

 

寒暖差が大きくなると体はどうなるのか

寒暖差が大きくなると体はどうなるのか

気温の差が大きくなると

人はその温度差に対処しようとして

ストレスが掛かってしまいます

 

なぜ温度差によって

ストレスが掛かってしまうのでしょうか?

 

 

交感神経と副交感神経のバランスが崩れる

交感神経と副交感神経のバランスが崩れる

簡単にお話しすると

人には交感神経と副交感神経があります

 

交感神経は体を興奮させて

仕事や学業などをさせるために働くものです。

 

副交感神経は体を休ませて

ゆったりとした時間をもたらすものです。

 

つまり

体のオンとオフのような感じですね。

 

気温差か大きくなると

体が外気温の変化を絶えず感じるために

体の交感神経が優位になって興奮状態になってしまいます

 

すると

交感神経と副交感神経の切り替えが

うまくできなくてなってしまい

常に交感神経が優位になってしまうので

ストレスが多くかかってしまう状態になってしまうのです。

 

 

どう対処したらいいのでしょうか

どう対処したらいいのでしょうか

重ね着をして

こまめな服装調整をすることも大切です

また

家の中と外との気温差を少なくすることも良いと思います

 

就寝前にはお風呂に入って体をシッカリ温めて

副交感神経を優位にさせる

 

毛布や掛け布団など重ねて

朝夕の気温差に対応しながら寝ることも良いと思います

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました