不安が自分のコントロール域を超えたてしまったときの対応の仕方

不安という感情の壁にぶつかった時には

不安という感情の壁にぶつかった時には画像提供元:https://pixabay.com/ja/

日常生活を過ごしていく中で

避けては通れない道として立ちはだかるのが心配という感情です

 

そうした感情が限度を超えて波のように押し寄せることで

さまざまな生活の場面にまで悪影響を及ぼしてしまうことが往々にしてあります。

 

そういった抑えきれないほどの不安に見舞われた時にどのように立ち向かうべきか

心理的アプローチを含む具体的な手法について深く掘り下げみましょう。

 

 

不安という感情に飲み込まれないためには

不安という感情に飲み込まれないためには画像提供元:https://pixabay.com/ja/

まず不安の感情に飲み込まれないためにも

自らの感情を深く見つめ直すことが必要になります

 

どのような点で不安を感じ

なぜそのように考えてしまうのかを具体的に自問自答することで

抱えている問題の本質やその背後にある原因を明確にした上で

現実に即したものなのかどうかを冷静に考えことがとても大切です。

 

その際

思い悩んでいることを明確にするためにも

感じた心配事を紙に記録することはとても効果的なことです

 

 

今心の中で不安に思っていることを文字にしてみましょう

今心の中で不安に思っていることを文字にしてみましょう画像提供元:https://pixabay.com/ja/

まずペンを取り

自分の悩みを一つひとつ書き出すことで

それぞれの不安なことが具体化され

見えにくかった問題の解決策や軽減策がわかりやすく整理されます

 

最初はなかなか書けないと思いますが

誰にも見せるものではないので

自分が感じたとおりのことを文字にしていくことが重要です。

 

この作業を通じて心配事を客観視することが出来るようになり

モヤモヤしていた感情が落ち着くことも少なくありません。

 

 

深呼吸や瞑想などで今の感情を和らげてみましょう

深呼吸や瞑想などで今の感情を和らげてみましょう画像提供元:https://pixabay.com/ja/

さらに

不安定な心情を和らげるためには

深呼吸や瞑想といったリラクゼーションテクニックが有効とされています

 

 

これらを実践することにより

体内の緊張がほぐされ

精神的な落ち着きを得るための土台を作ることができます。

 

つまり

感情でごちゃごちゃになっている自分から

いつもの自分を取り戻すことが出来るのです。

 

 

毎日のルーティンで目の前の小さな目標を持つこと

毎日のルーティンで目の前の小さな目標を持つこと画像提供元:https://pixabay.com/ja/

心配事からの解放感を感じるには

日々のルーティンの中に小さな目標を設け

それを達成することからの達成感を感じ取ることが効果的です

 

自己に与える目標は現実的なものであり

達成後にはその小さな成功を自己肯定感に繋げることが重要です。

 

たとえ小さなステップであっても

積み重ねていくことにより

自信を持って前に進む推進力となり

結果としてコントロール不能と感じていた心配事に対して

冷静に考えることを徐々に取り戻していくのです。

 

周囲の人たちに話してみることも効果的です

周囲の人たちに話してみることも効果的です画像提供元:https://pixabay.com/ja/

周囲の人たちとの関わりも無視できない要素です。

 

家族や親友など信頼できる存在に自分の内面を打ち明けることで

心の負担が軽くなるだけでなく

違った視点からの意見をもらえることもあります

 

ただし

素人の意見だけでは解決できないことも少なくないため

時には心理療法士やカウンセラーの専門的なアドバイスを求める必要があります。

 

自らの問題を他人に打ち明ける勇気と共に

その問題に向き合うために必要な外部の力を利用することも大切になことです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました