ストレス社会と言われているこの世の中は悪いのか?

ストレスにさらされていることはダメなことなのか

ストレスにさらされていることはダメなことなのか提供元:https://pixabay.com/ja/

ほとんどの人が

ストレスに直面していると言っても過言ではない社会ですよね

 

ストレスって

悪いものなのでしょうか? 

良いものなのでしょうか?

本当はどうなんでしょう・・・

 

 

ストレスのない社会で生きていたらどうなるのか

ストレスのない社会で生きていたらどうなるのか提供元:https://pixabay.com/ja/

もしも

ストレスの全くない世界があったとしたら

人間はどうなると思いますか?

 

ストレスの全くない世界で生きていたとしたら

緊張感や闘争心や逃げ出す心構えがなくなってしまうと思います

 

つまり

自分を守るという本能がなくなってしまいます

 

 

人間が自分を守るという本能を失ってしまう

人間が自分を守るという本能を失ってしまう提供元:https://pixabay.com/ja/

自分を守る本能がなくなってしまったら

自然災害に合った時にもどう対処して良いのか分からず

災害に巻き込まれてしまうのではないでしょうか。

 

ストレスと戦っているということは

危機管理の本能が働いているということです

 

その本能がなくなってしまったら

自分を守ることができなくなってしまうことのなります。

 

 

適度なストレスは人間には必要なのです

適度なストレスは人間には必要なのです提供元:https://pixabay.com/ja/

ストレスは

自分の危機管理能力を持つのに必要なことです

ストレスによって

それに対してそう自分を守っていくのかを

身に着けていく手段でもあるのです。

 

ただし

過度なストレスは自分にダメージを受けてしまいます

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました