日々の心に平常心を保つためための習慣を付ける

いつもせわしなくてストレスと一緒に生活しないように

いつもせわしなくてストレスと一緒に生活しないように画像提供元:https://pixabay.com/ja/

いつもせわしなくストレスが隣り合わせの生活では

心のゆとりを維持することが心身の健康に不可欠であり

また人生をより豊かにするためにも必要なこととされます

 

日々の行動パターンに些細な変化を加え

それを習慣へと発展させることが

究極的に大きな心の満足へとつながるため

新たな日常習慣の実践は重要なプロセスになります。

 

朝日が昇る時を迎えたとき

一日のスタートに瞑想を組み込んでみるのもちても有効な行為です

 

深く静かな呼吸に集中し

わずかな時間を心の静寂と向き合うことで

精神的な落ち着きを取り戻すことが出来る時間になります。

 

この時間は単に精神を安定させるだけではなく

一日の始まりをリフレッシュした状態で迎えることができ

その結果が日常のストレスに対する耐性を高めるという効果を作ってくれます。

 

 

短時間でもストレスから開放される時間を作りましょう

短時間でもストレスから開放される時間を作りましょう画像提供元:https://pixabay.com/ja/

日中は仕事や家庭のストレスから

短時間でも解放されることを心がけたいものです

 

本を読むことで新しい知識や視点に触れ

音楽を聴いて感性を刺激する

または散歩をすることで五感を通じて自然と調和する時間を取ることは

心身精神のリフレッシュに大変役立ちます。

 

個人に与えられた時間はどんなに短くても自己再生の機会となり

ストレスへの耐久力を高めるだけでなく

日々のスケジュールの中で自分を優先する大切さを再認識させてくれます

 

 

質の良い睡眠ができるようにコントロールしていきましょう

質の良い睡眠ができるようにコントロールしていきましょう画像提供元:https://pixabay.com/ja/

一日の締めくくりとして

グラティテュードジャーナルすなわち感謝日記を書く慣習を取り入れることは

精神的なバランスとポジティブな人生観を支えてくれます

 

その日に体験した小さな祝福や成功を振り返り

心からの感謝を文字にすることで人生の肯定的な側面に光を当て

自信に満ちた精神状態を保つことに役立つことでしょう。

 

それは

充実した睡眠の質にも影響を与えて翌日への活力となります。

 

 

ちょっと体を動かしてみる時間も作ってみましょう

ちょっと体を動かしてみる時間も作ってみましょう画像提供元:https://pixabay.com/ja/

運動をすることも心の安定という側面では外せない行動です

 

体を動かし汗を流すことでストレスをになる化学物質が減少し

幸福感に満ちたホルモンであるエンドルフィンが体内で活発に分泌されるようになるのです

 

この身体活動は単に活力をもたらするだけでなく

心の充足感を高め続ける効果がある。

 

このような積極的な日々のルーチンを通して

心の均衡を維持する生活習慣を構築し

不安定な毎日の波にも動じることなく

前向きな心持ちで対応していく力を養うことが可能になるだろう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました