一生を豊かにする人生設計を考えてみませんか

人生の未来図を描くためには

人生の未来図を描くためには画像提供元:https://pixabay.com/ja/

私たちの一生は未知数の出来事で満ちており

その重要な局面で美しい未来図を描くには

確固たる人生設計が不可欠です

 

多くの個人は

その設計の詳細について頭を抱えることがしばしばです。

 

未来への指針となる計画を作成する際は

どのように自分と向き合って理解を深めるかから始めます。

 

 

自己分析により方向性を探る

自己分析により方向性を探る画像提供元:https://pixabay.com/ja/

自己分析を通じて得られる自己の確信

関心事、及び長所と短所を理解することで

それらを生かす方向性を設定することができます

 

将来に至る目標は抽象的ではなく

より具体性を持たせたものであることが望まれます。

 

それには

時間軸において異なる層を見極めることが有効です。

 

短期目標の立て方

短期目標を設けるときは

すぐに着手し成果を目にできるよう

数ヶ月から一年に達成できる具体的なステップを考えます

 

中期目標の立て方

中期目標は次の数年間のあいだに達成を目指し

自己実現の道筋を描きます。

 

長期目標の立て方

長期目標は遥か先の10年後やそれ以上の将来に対する

より大胆な野望を設定し

人生の大局を描くものです。

 

 

長期目標を立てそこに向かう道を探す

長期目標を立てそこに向かう道を探す画像提供元:https://pixabay.com/ja/

まずは長期の目標を考えてから

そこにたどり着くための道筋を考えていくことが必要です

 

そして

ただ漠然と目標を設けるのではなく

・目標が具体的であるか?

・達成度を測れる目標であるか?

・達成可能な目標であるか?

・目標の期限が明確であるか?

ということを具体的に計画していくことが重要です

 

これを

SMART(スマート)の原則と言われていて下記のようになります。

Specific:具体的な

Measurable:測定可能な

Achievable:実現可能な

Relevant:関連性のある

Timely:タイムリーに

ということです。

 

つまり

これらの要素を踏まえて具体的な目標設定が可能になるのです

 

 

目標設定を達成するための実践

目標設定を達成するための実践画像提供元:https://pixabay.com/ja/

人生設計を練り上げたならば

さっそくそれに基づいた積極的な実践に移っていきましょう

 

自分のルーチンの中にその目標を計画的に取り入れ

成果をに追いかける作業が成功への道を確かなものにします。

 

人生は予測不能な障害に直面することも少なくありません。

 

そうした時

長期の目標を見失うことなく

状況を柔軟に捉えなおし

進むべき道筋に修正を加えることができれば

一層目標へ近づくことができるでしょう

 

その計画性を維持しつつ現実と向き合い

柔軟に対応していくことは

雄大な夢や目標を追い求め

それらを実現するための具体案となります。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました